phpinfo()とは何か 意味と使い方 PHPの設定情報を確認できる関数

PHP NO IMAGE

PHPを使っていると、PHPの設定を確認したいときがあります。

そんな場合、phpinfo()関数を使うことで、設定情報を確認できます。

基本的なことなので、知っておきたいですね。

phpinfo() の使い方

phpinfo()は、PHP言語で使われる関数なので、実際にコードとして記載して実行することが必要となります。

シンプルな方法としては、この関数専用のphpファイルを作成して、サーバにアップロードするというものです。

具体的な方法は、以下の通り。

1.「phpinfo.php」のようなファイルを作る。

2. phpinfo()関数のコードを書く。

以下のようなシンプルなものでよいです。

<?php 

phpinfo(); 

?>

3.作成したファイルをアップロードする。

4.ファイルを置いたアドレスにアクセスする(https://〇〇.com/phpinfo.phpなど)。

注意点

この方法では、PHP設定情報を一般公開していることになります。これは、セキュリティ上よいことではありません。

情報を確認した後は、ファイルをサーバから削除しておくことを忘れないようにしましょう。